花や自然と東京暮らし

心地よくいのちがのびのびしている世界につなげたい~保健師・Nurseのブログ

2020夏至・スモールステップを踏み続ける

夏至を迎えました。6時40分台の夏至、ということだったので今年のその時間は明治神宮で迎えました。そのころから、一時間近く雨・・・

傘を持っていなかったので、しばらく境内の屋根付きの場所で過ごしました。
こんなことでもないと、わりとささっと帰ってしまう自分なのですが、、、(^^♪

f:id:l-garden:20200621202203j:plain

屋根付き通路の下で、屋根から落ちるいくつもの水滴が、地面にたまった水たまりに落ちると、まーるい波紋がさーーっとふわーっと広がっていきます。

そしていくつもの波紋が重なり合って、ひとつに融合するんです、

いくつも、重なりながら。その様子を飽きずに眺め続けた時間もありました。

「波紋のように自分の思いや行動が周りに広がっていく。
このことを現象で表すとすると、こういうことなのかもしれないな・・・」
など静かに考えました。

こういった、雨という自然現象で足止めをくわないと、出会えなかった時間です。
1時間近い時間の中で、雲が流れるように、頭の中をいろんな考えが流れて行きました。

f:id:l-garden:20200621215751j:plain

日本の24節季がありますが、季節の区切りの時間、こうして少しだけ日常から離れて振り返ったり、これからのことを静かに考えてみたりする時間は貴重だなあと思います。

感染症対策で日常が激動している大きな変化の時だからこそ、こんな時間がとても大切なことに気が付きました。

太陽は今日を境に、少しづつ日中の時間が短くなります。日本の季節はこれから真夏に向かうというのに、そう考えるとちょっと不思議な感じもします。

f:id:l-garden:20200607160850j:plain

ここに来てくださった方にありがとうございます!夏至に何か振り返りましたか?
わたしは、家、仕事、大学院、今の環境にあらためて感謝した日でした。

そのどれもが、らくらく突然思いがけずラッキーというわけでもなく、数年スパンで「こうなりたい、なってほしい、なったらいいな。」と思って割といつも意識したり、チャンスを見つけたくて動いていたことばかりです。

そしてすべてが何度か「やっぱり難しいのかもしれない・・・」といった、思うように運ばない「待ち」の時間がありました。

大学院にしても、今回が3度目の受験です。
過去2回それぞれ別の大学院に社会人入試で合格していますが、1回目は急遽思い直して見送りを決めました。2回目の時は直前に見送らざるを得ない状況が発生。これは抑うつ状態だな・・・と自分でもわかる位落ち込んでしまったほどです。

f:id:l-garden:20200607160757j:plain

それが今回の時は、家、仕事、大学院の3つが連動しているように出会いがあり、すべて望んでいた方向に半年以内に動き出して、いまここにいます。

すべてはタイミングがあって「咲くべき時に咲き、実るべき時に実る」なのだから、願いは柔軟に持ち続けたいな、と思っています。

ちょっとした変更は多々あるので、「柔軟に」がポイントのようです。

f:id:l-garden:20200517173503j:plain

20年前の20代最後の年、准看護学校に行っていました。
ひとも動物もいのちはみんな大切、地球環境に出来るだけ負担をかけないライフスタイルっていいな、と目覚め始めた頃です。

いのちの役に立ちたいと思ったわたし。

のびのびしているってとても楽しそうだから、いのちがみんなのびのび出来るような世界ににつながるような仕事をしたい!と強く願い続けて、ここまでスモールステップを踏み続けた結果、今ここにいます。

「お金がないけど出来るだろうか」「こんなわたしに出来るだろうか」の思いが長く付きまといましたが、なんとか「自分に負けなかった自分」が好きです( ̄∇ ̄;)


そして、今日は振り返りつつ、新たなスモールステップの目標があるので、次に向かって目標を自分のなかの地図帳に描きました。
手はずは簡単、毎日の小さなちいさな行動と、チャンスが来たら迷わず思い切って動けばよいのです。

 

先月、ナチュラルハウスで買ってきたミニトマトとバジルの苗(相性バッチリ、と書いてあったので二つやってきたわけです!)は、夏至の朝、ついに植え替えしてあげました。

f:id:l-garden:20200621202813j:plain

あたらしい場所は、悩んだ結果、下に穴を数か所あけた袋にしました~
ネットで袋栽培をされている方の写真をみたので、それでいこうと。(^^♪

ミニトマトは大きくなることを見込んで、土が入っていた袋へ。
バジルは、お菓子を買ったときの厚手でちょっとおしゃれな手提げ袋へ。

f:id:l-garden:20200621202142j:plain

ミニトマトは、ちーさなビニールポットで根を伸ばせなくって苦肉の策か、茎の上の方まで根をつけはじめていたのが、痛々しかった<(_ _)>
ごめんよーと優しく撫でました。ぜひのびのび育ってほしい。

バジルもがんばれ!いままでごめん!

f:id:l-garden:20200621202056j:plain

 

向ケ丘遊園のフィットマルシェ(Fete le marche)のパフェは、べジ仕様も可能です。
それがまた、美味なんですよ。ああ、また食べたくなってきます。
緊急事態宣言まえのことですが、この日はひとりでゆっくりしました。まだちょっと肌寒かったけれど・・・

f:id:l-garden:20200621202823j:plain

大学院のゼミも、Zoomで参加して発表しました。
「意見をいただく」のは、これまで仕事上でもあまり得意ではありませんでした。

だけど、耳の痛い意見ほど、自分の思い込みや、狭い枠をぶち壊してくれることに気が付いてからは「意見はどんどん頂いた方がよい」「その中で変えて行ってステップアップできると思ったものは、素直に受け取ろう」と思っています。

褒めてもらうだけでは、成長できない段階にきていることを痛感しています( ̄∇ ̄;)

いのちが健やかでのびのびと幸せでありますように!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ