ロハス東京暮らし。LOHAS保健室

心地いいヘルスケア・植物・自然・モフモフのことなど保健師・Nurseが書いてます

学会中止の休日

本当は今日の予定は、楽しみにしていた北海道での学会参加でした。ですがコロナウイルスの感染予防もあって、遅く帰った昨夜、急遽中止の案内をみて断念、残念。
六花亭にもいきたかったなあ。あの紙袋や包装紙のファンです。

f:id:l-garden:20200229192413j:plain

そんな訳ですので、注文していた本をローソンに取りに行って読みたい本を一気に読んだり、タリーズにてマグカップで紅茶を2杯飲みつつ考え事をしたり、英語の勉強をしたりして過ごしました。

そういえばあの人に会いたいなあ、どうしてるかなあ、など思える余裕も信じられないですが久しぶりで・・・人間らしい。。。そういえば引っ越したこともメール変えたことも連絡していないなあ、なども思ったり。本当にごめんなさい、また仲良くしてくださいね。もっと器用なニンゲンになれたらよいのですが。

ぽっかり空いた時間は意外に有意義で、日ごろよほど「早くやらないと、時間がないない病」にすっかり侵されちゃっている自分を感じました。

やりたいことだけをやっている今日は、1日の時間がとてもふんだんにある気がしています。体感的にですけれど。それでも、こういった日が日常になると、元来好きなことだけしたい派なので、ふと道を間違えそうになる自分も浮かびます。

なのでいまは、好きなことが出来る日が月に数日ご褒美のようにある。(ないかも。でも働いて大学院に行っていたら当然ゼン!)くらいが私にはちょうどいいバランスなのかもしれないぞ。とも思ったりします。
自分にある程度負荷をかける、ということが、どうしても伸びしろを伸ばすためには必要になるのですね。

しばらく東京は春めいた気温でしたが、この数日寒い日が続いています。

今週は、帰りに寄った新宿でのこと。路上の道路沿いで寝袋に入ってくるりと丸まっていた、若そうな男性をみかけました。その背中が寒そうだったのです。

その前には、キャラクターの募金箱。いくらか小銭など入っているのが見えたけれど、背中が寒そうだったので、「あ、そうだ・・・」と思って、バックをごそごそ。バックの底のほうに眠っていた貼るカイロを1つ入れました。

「わっ。笑」とかちょっとユーモア感じてニコッてもらえたらうれしい。なんて思いつつ、紀伊国屋書店に向かいました。

職場でも感染症対策進んでいます。
はやく終息に向かいますように。

わたしはハンドソープがあまり得意ではないのですが、感染予防にはオーソドックスな石鹸での手洗いがとても有効です。なので、天然のアロマが入っている自然派のものだったら、手を洗うたびにリフレッシュにもなりそうです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ