ロハス東京暮らし。LOHAS保健室

スマイルになる心地いいヘルスケア・植物・自然・モフモフのことなど保健師・Nurseが書いてます

丸の内と冬の植物色彩

  所要があり東京駅で待ち合わせ。行きそうでソンナニいかない東京駅に行くとすると、やはり皇居外苑でしょう、丸の内仲通りでしょう、KITEEでしょう、と連鎖反応が起こって、まずは日曜日の仲通りへ。

f:id:l-garden:20191202195338j:plain

一本出れば、皇居、という立地柄、ここはなんともいえない風が吹いている気がするし、かつ洗練されているのが私にとって心地よすぎ。ここのベンチに座って休憩がてら考えを巡らせたりするのが好きになりました。この前からですね。

f:id:l-garden:20191201173022j:plain

 

葉っぱはとても大きかった。「大きいねえ」と思わずしゃがんで触ってしまった。ふうーん。ここにはこんなに大きな葉っぱもあるのだ。

f:id:l-garden:20191202195330j:plain

f:id:l-garden:20191201173053j:plain

そして皇居東御苑へ。入口のほうだけで、今日は売店目的。そして入り口付近の季節のお花目的。ここは入り口で警官から荷物のチェックがあるのだ。

バックの中に、ポットがあって中身は出雲のホット麦茶。「これ水筒ですか?」「はい。」「一口飲んで・・・」と言われたときに、「一口飲んでいいですか?」と言うのかと思って勝手にどうしよう・・・と先回りしてしまった。「一口飲んでみてください」だったので、おいしいホット麦茶を一口IN。

 

iPhonで撮るときに花をしっかりみて、にっこり話しかけてしまう。声をかけないで撮るときもある。急いでいるときとか。そんな時と、しっかり意思を向けたときは、見える世界がいつも一段も二段も違っているような気がします。

f:id:l-garden:20191201173002j:plain

わたしはいわゆるサイエンスもやっているので、研究脳で考える回路もあるのですけれども、それだけではない、本当の自然のサイエンスはもっと奥が深いもののはず、と思っている派です。

帰りのKITEEでは、丸の内合唱団のクリスマスコンサートが途中始まって、響く混声合唱があまりにもきれいでした。12月になったんだなあと。

東京駅構内で花屋さんの前を通ったら赤い花が欲しくなり、ガーベラ三姉妹がやってきました。

そして、目に留まったフリルのオレンジ色のバラ。マンゴー▽△(三角部分忘れてしまいました)というらしい。花好きの大家さんにも、以前いただいたとてもめずらしくて美味しいお茶のお礼に1本ラッピングしていただきました。1本でもバラはキマリますね。

f:id:l-garden:20191202201702j:plain

とにかくいつも植物のカラーに魅せられます。赤とオレンジ。

部屋に月と太陽が一緒にやってきて輝いているような感じになりました。

 

今週は大学院の勉強に時間を取ろうと思います。集中しているとあっという間に24時になるので、寝る時間が惜しいけれど、寝ないと効率も下がりますから、睡眠時間はなんとか守る派です。なにより寝るのが好きなので!

勉強が少し遅れを取ってしまっている感じだけれど、焦らない、地道に確実に。でもいざというときは堂々と、の最近です。

 

↓クリックよろこびます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ