やさしい野生時間

いのちがのびのびしている世界につなげたい~保健師・Nurseのロハスブログ

ベジタリアンというよりミートフリー

昼休みに動物性不使用のカップラーメンにお湯を入れていると、

「それ外国の?」とお湯を入れながら話していた女性から質問。

f:id:l-garden:20191025230106j:plain

「そう、ベジタリアンのラーメンなの」

「ベジタリアンなの?」

「そういう訳じゃないけどね」じゃ、ね。さささっ、という感じで話の幕を引く。

ちょっとビミョーな感じ、我ながら。話しやすい人なのだけど、

なんとなく今はさささ、と話せない。

正確に言うと、わたしはベジタリアンではないのだろう。

魚、卵(気になってはいる、鳥の飼育環境とかね。

動物の福祉があるでしょう)やチーズとか乳製品は食べるので。

 

ということは、わたしが20年近く食べなくなっているのは、ほぼミートのみ。

だから、ベジタリアン、というのとはちょっと違うのかもしれない。

動物性のものを食べない人をヴィーガンというので、

ミートだけを食べない人は、なんていうのだろう。

ミートフリーかな?フィッシュベジタリアンとか、いろいろあるらしい。

体格もいいので(^^)/(肉と体格はほぼ関係がないのだけれど)

肉を食べないの、というと「じゃあ、何を食べるの?」

とよく聞かれるけれど、わたしはわたしでそういわれると不思議な気持ちになる。

「魚とか、トウフとか、卵とか、いっぱいあるよ」って答えるけれど。

そうです、今時世の中に食べる物はたくさんあって草々困ることはない。

わたしがベジーというか、ミートをほとんど(細切れやエキスで入っているものは食べるので)

食べなくなったこと初めは次回以降にでもまた(^^)/

なにかブログってかしこまってしまうと、書く方も、

これはと言った出来事とか、写真がないと

書きにくくなってしまう気がしていたけれど、それはちょっとなあ。

さきほど糸井重里さんの日記を読んで、ふっきれました。

今日も世界を愛します。