花や自然と東京暮らし

心地よくいのちがのびのびしている世界につなげたい~保健師・Nurseのブログ

天衣無縫

七夕の日、花と夕食と大学院

7月7日という、1年でもっとも天の川、星々が流れるようにちりばめられた夜空や銀河に気持ちがたなびく日でもあります。ただいま、ふとまた飲みたくなっていつもの穀物コーヒーを少しのお湯で溶いて、豆乳を入れた「ソイラテ」を飲む七夕の夜です。 わたし…

楽しいことから始まっていく「種」

今年の夏は、小さなベランダでミニトマトとバジルを育てています。植えたのが6月下旬という遅めのスタートでしたが、今日で2週間。すくすくと成長中です(^^♪こちらは、新宿伊勢丹地下で、輝いていたミニトマト。 トマトそのもののカラフルさとみずみずしさ、…

そう、自分にも配慮しよう

朝のスタートはとても大事だと思います。 朝、仕事を始める前の下準備、一日の始りを大事にしています。 わたしは体を激しく動かしたりするスポーツは得意ではないので、緑を感じる場所のウォーキングで朝のウオーミングUP!から始まることが多いです。自分の…

情熱とやさしさの種からすべてが生まれる

こんにちは、ふたごのようなヒルガオをみつけました!わたしの看護職スタートは、准看護師として人間の産婦人科クリニックで約1年位、非常勤で働いていた時に、いくつも医院長やときには助産師さんと一緒に出産に立ち会ったことがあります。いのちの誕生に…

わたしの大切なもの~こころの泉から

例えばビジネスシーンでは、できるだけ心の波風を立たせずに、フラットに、ニュートラルに。という振る舞いがとてもスマートだと感じます。それはいわゆるこれまでの社会で理想とされてきた「合理的なふるまい」というものだったのかもしれません。わたしも…

2020夏至・スモールステップを踏み続ける

夏至を迎えました。6時40分台の夏至、ということだったので今年のその時間は明治神宮で迎えました。そのころから、一時間近く雨・・・傘を持っていなかったので、しばらく境内の屋根付きの場所で過ごしました。こんなことでもないと、わりとささっと帰って…

咲くべき時に咲き、実るべき時に実る

色白女性といったカテゴリーにはまったく当てはまらない、すこぶる日焼けスピードが速すぎるわたしです。アフリカ特派員のような、ベージュ色のサファリ風トップスなどに合うと思います。(たぶん笑) 別に太陽の下を日中歩いているわけではないのですが、(…

幸せな個性

今週のお題、というブログの週間テーマがふと目の前に現れた。お題は「わたしの部屋」だったので、初めてだけど、書こうかなーと思って30秒考える。 だけど私の場合ブログでは、書きたいことを書きたいのであって、これで書いてみてどうぞーというテーマ型…

ナチュラリーな生活と月・星・太陽

春分の日は、牡羊座という12星座のスタートとなる日、ということで、もうひとつの1年のはじまりでもある。星占いの小学生時代から、実は占星術に関心をもってきた。当時は占い雑誌が全盛期のような時代で、小中学生でも結構な割合で読んでいたので、別に珍…

3.11メモリアルの虹に感動、人間らしい。

東日本の震災から9年が過ぎたという。東北出身のためか、そもそもの応援度は大きいほうだ。 津波の被害が大きかった、宮城県名取市にある震災メモリアルパークの良く晴れた上空に、9年前のその時刻ごろ・・・大きな虹がかかった!とWEBニュースでみる。 明…

言葉を超えるのは、人だけではないのだろう

動物と、特に犬や猫と話が出来る人がいるらしい。 ドリトル先生もそう、アッシジの聖フランシスコもしかり。 わたしは動物と話は出来ないけれど、動物の感情、特に人間と暮らす犬と猫の場合は、人とほぼ変わらない感度で感じ取ることが出来ると思っている。 …

ゆっくりな人は本当に遅れてしまうのだろうか?

昨日の帰り道、信号で立ち止まっていた時のことです。白と黒のかわいらしい雑種犬が、女性と散歩していました。よくいろんな違う犬を連れて散歩しているのをお見掛けするので、ペットホテルの方なのかもしれません。 それで何度か散歩をこなす必要があって、…

お雛様と女の子

自分の背丈よりずーっと高い、見上げるほどの7段飾りのひな人形は、こども時代の憧れでした。わたしの家では持っていなかったけれど、いとこの家では毎年箱から叔母さんがちゃんと一つ一つセットを出して、組んでいく。桃の花やお菓子を供えたり。その光景…

学会中止の休日

本当は今日の予定は、楽しみにしていた北海道での学会参加でした。ですがコロナウイルスの感染予防もあって、遅く帰った昨夜、急遽中止の案内をみて断念、残念。六花亭にもいきたかったなあ。あの紙袋や包装紙のファンです。 そんな訳ですので、注文していた…

遠くまで続いているドアと滋養のランチ

絵は好きなほうだと思いますが、画家のお名前はほぼ知りません。東京都美術館のハマスホイ展に行かれた絵を愛する大家さんから、先日2枚のポストカードを、わたしの〒ポストに短いお手紙と一緒にいただきました。 静寂を描く画家なのだそう。白い幾重かに開…

スマイルのウエーブ

走るように今週も過ぎました。歌うように生きたい、と思うのですが、走るように、急ぐように。でもそれでもいいよ、自分。そんななかでも、気持ちだけはあたたかくありますように。と思うのです。 時間がない、あれもこれもやらないと、と思うとつい、対面し…

大家さんとわたし。花・動物・芸術に和菓子

先週末のことです。ファーマーズマーケットの花屋さんで、「あら、ステキ、いきいきしてる!香りもいいし」と思ったレモンイエローのバラを2本買って、もう1本の、いちばん美しい方を大家さんにプレゼントしました。花びらのふちどりがほんのりピンク色で…

夢が叶う時・わたしの経験から

20年前の冬のことです。御茶ノ水にある、その当時地下1階から地上3Fまであった、地球にやさしい商品がいっぱい並んだショップの店内で、本当にこの上なくワクワクした気持ちでショッピングを楽しんでいました。そのころ私は、ある市民団体で動物福祉の活動…

豊川稲荷東京別院でご祈祷を。梅の花など

平日の仕事も休みに入りました。きょうは大学院の年内最後の授業へと出かけました。朝の授業でもみんな頑張って出られているので、えらいです。遠方から新幹線で来る方もいるので、電車で100数十円の距離に暮らすわたしは、「休みの日の朝イチつらい・・・」…

2019年のこと。ネクストステージの土台づくり

2019年という1年も終わりに近づいてきました。そういうわけか、どういうわけかわかりませんが、今朝、シャワー中にこの1年間で起こったこと、ざっとした流れがさーっと頭の中に流れるように思い返しました。要の部分が再構築されて、次のステップのための…